聖書の権威に立つ、アガペの愛 - 進藤龍也牧師 in罪友教会 2016.11.13.

509
3 1

≪「罪人の友」主イエス・キリスト教会≫

2016.11.13 主日礼拝:
「聖書の権威に立つ、アガペの愛」
進藤龍也牧師によるメッセージです。ぜひお聞きください!

「ガラテヤ人への手紙」 5章 1-7節

自由を得させるために、キリストはわたしたちを解放して下さったのである。だから、堅く立って、二度と奴隷のくびきにつながれてはならない。
見よ、このパウロがあなたがたに言う。もし割礼を受けるなら、キリストはあなたがたに用のないものになろう。
割礼を受けようとするすべての人たちに、もう一度言っておく。そういう人たちは、律法の全部を行う義務がある。 律法によって義とされようとするあなたがたは、キリストから離れてしまっている。恵みから落ちている。
わたしたちは、御霊の助けにより、信仰によって義とされる望みを強くいだいている。
キリスト・イエスにあっては、割礼があってもなくても、問題ではない。尊いのは、愛によって働く信仰だけである。あなたがたはよく走り続けてきたのに、だれが邪魔をして、真理にそむかせたのか。

「ガラテヤ人への手紙」 6章 15節

割礼のあるなしは問題ではなく、ただ、新しく造られることこそ、重要なのである。